バンド2


文化祭の快挙から数ヶ月経って、私は高校を卒業した。

バタさんは臨時メンバーだったため、バンドメンバーは私と魔界の二人に戻った。

バンドを解散する気はなかった。

私と魔界は正式なドラムを探すため、楽器屋の店員さんに相談していた。

すると楽器屋の店員さんが、私と同い年くらいの男子をドラムメンバーとして紹介してくれると言った。

そのドラムメンバー(Tとする)は、眼鏡をかけていて、まあまあ優しい性格だったが、とにかく音楽に対するこだわりが半端ではなかった。

高みを目指す者としてクオリティが求められ、趣味でやっていきたい私には正直しんどかった。


ここでTの話をする前に、私が文化祭でやった曲は、

・モンゴル800の「あなたに」

ホワイトベリーの「夏祭り」

Doesの「曇天」

サカナクションの「アイデンティティ(サビのみ)」

楽器をやる人ならわかると思うが、アイデンティティ以外は初心者向けの曲である。


新生「超多忙」は、楽器屋の店員さんの紹介で、地元の音楽イベントに出演することとなった。

困ったのが曲決めで、私と魔界はどうしてもモンパチの「あなたに」をやりたかったのだが、Tによって却下された。

Tが次の音楽イベントに向けてやりたい曲は、

東京事変の「閃光少女」

・ファジーコトロールの「モナリザ

と、一気に難易度が上がった。

心なしかドラムが目立つ曲のチョイスが多かった。


超多忙が参加する音楽イベントは、バンド同士で演奏を競い合って、良かったバンドが決勝戦に進めるというものだった。

勝戦は、市内でも有名なライブハウスでやるとのことだった。

正直優勝は無理だなと思ったが、参加するだけでも思い出になるか……と思い、軽い気持ちで練習し、参加した。


するとなんか決勝戦に進む事になってしまった。

そして直後、突然Tがバックレた。

勝戦まであと3日の出来事だった。


もう今から新しいドラムが見つかるわけもなく、超多忙は残念ながら不戦敗になるしかなかった。

ここまで恵まれていないということは、私たちは元々バンドに向いていなかったのだ。

諦めかけたその時、私の超身近にダイヤの原石がいた。

それが私の弟、キョンシーだった。

「一生のお願い。3日でドラム覚えて決勝戦出てくれ」

キョンシーもたじたじである。

しかし彼はやってくれた。太鼓の達人で鍛えられたリズム感を駆使して、3日でドラムをマスターして曲を完璧に覚えた。


無事、最高のドラムをメンバーに加えた「超多忙」は、勢いに身を任せて決勝戦に参加した。

勝戦は観客の投票で決まるので、正直、知り合いを沢山招待したモン勝ちだった。

優勝はできなかったけど、楽しかった。

超多忙は、魔界が子育て中なので活動休止しているが、またそのうちやりたいと思っている。